自分に甘い、面倒くさがり屋、3日坊主、努力できない人の共通点

スポンサーリンク

自分に甘い人は、面倒くさいことはやらなかったり、始めても3日坊主になり努力をできません。
また、面倒くさがり屋は、自分に甘くて少し嫌なことがあると投げ出して重い腰を上げてやりだしてもすぐに面倒くさくなって3日坊主になるから努力できない。

残り2つも同じです。共通していますよね。
自分に甘い=面倒くさがり屋、3日坊主、努力できない人となり、この4つは共通します。

じゃあどうすれば改善できるのか考えてみましょう。

自分に甘い人はなんでもいいから毎日継続

ご飯を食べたら速攻で洗い物を片付けるとか一つの仕事を長く続けるとか何でもいいです。継続をすることで少しずつ続けることが当たり前になってきて小さな達成感が付いてきます。達成感や成功体験を繰り返していくと自分に甘い短所を改善できてきます。

自分に甘いと他人と差が開くので注意

例えば東大に合格したいと思って勉強をしていても毎日勉強をコツコツ続けていれば合格する可能性はあったけど、自分に甘いと勉強なんてできません。こうなると東大に行きたくても難しいですよね。

東大に行けば必ず高収入かと言えばそうではないですが、自分に甘い人は将来の収入面でも努力している人と差がついてきます。亀のように少しずつでもいいので毎日継続して努力すると将来この努力した結果が実を結びます。

自分に厳しい人は仕事をができる

昔から努力を続けてきた人は仕事の覚えや仕事をテキパキと早くこなします。日頃から自分に厳しくしてきたことで頭の使い方を知っているからです。生まれつきIQが高くて天才だった人は僅かなので、仕事ができる人は日々努力を積み重ねてきたから自分より仕事ができるのです。

才能は努力で開花する

努力は人を裏切らないと言いますが、努力をすれば才能が開花することもあります。成功には様々ありますが成功者で努力を全くしてない人なんていませんよね。努力を努力と思っていない人は別ですが、一般的に見たら成功者は努力してます。また、才能はある程度努力で埋められます。全く才能がない場合でも努力である程度埋められます。努力は必ずいつか実を結ぶと信じて続けてきた人が最後は人生うまくいくと思います。自分に甘い人はやると決めたらハードルを下げてでもやり通しましょう。諦めたらそこで試合終了ですよ。

面倒くさがり屋や3日坊主を改善する

自分に甘い、面倒くさがり屋を改善する効果的な方法は、小さなことでも継続することです。毎日ウォーキングを10キロしたいと思ったけど続かない。3日坊主になる。こんなことは誰でも経験がありますよね。3日坊主の人はハードルを高く上げすぎている傾向があります。毎日10キロ歩くと決めても3日坊主の人は高確率で続きません。それをわかっているなら1日1キロでも毎日歩く方がいいです。1日1キロを毎日1ヶ月続けたら500m距離を伸ばしてみましょう。少しずつ距離を伸ばしていくと自分が1日どれだけの距離をウォーキングできるか限界を知れます。最初から1日10キロ歩くと目標を高く設定してしまうとやってみたけど10キロなんて無理だわと気がついた時にできなかったことでヘコみます。こうなると最初に決めた目標を達成できなかったことで自分に自信がなくなり「3日坊主」になるのです。このことは予め予測できますので、まずは小さいハードルから始めて継続をすることです。その後にもう少しハードルを上げられそうと感じたら上げていけばOKです!

ちなみに10キロ歩くには2時間近く歩かないといけないので仕事から帰ってきて毎日2時間歩くことは自分に甘い人には最初から無理があるんです。筋トレやダイエットも少しずつハードルを上げていけば成功できるので実践してみてください。

勉強や内職で眠たくなったらコーヒーが効果的

重い腰を上げてさあ始めようとするとすぐに眠たくなってしまう。そんなときはコーヒーを飲むと一時的に眠気が取れます。また眠たくなったらコーヒーを飲むの繰り返しをすることでなんとかなるので眠くなる人はやってみてください。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る