セルフガソリンスタンドのバイトは3パターン

セルフガソリンスタンドのバイトは3パターンあります。求人内容を確認して働いてみたい仕事内容で決めましょう。

点検 ・車検・整備をするセルフガソリンスタンド求人

1つ目は、セルフガソリンスタンドに来るお客さんに声をかけて空気圧点検、バッテリー点検、オイル点検などを行います。車検や修理を行っているセルフスタンドもあります。窓拭きや吸殻捨てはセルフガソリンスタンドでは基本的に行っておりません。点検をしたときに交換の時期を過ぎたバッテリーは交換をおすすめします。点検を行ってお客様から交換をお願いされたらバッテリーの交換やオイル交換などの技術的な仕事もあります。セルフガソリンスタンドのバイト未経験者は正社員の方などから優しく教えてもらえます。

監視業務をするセルフガソリンスタンド求人

2つ目は、ガソリンを給油するお客様の安全を確認して給油の許可を出す仕事です。安全の確認とは、一体どのようなことに注意しなくてはならないのか疑問に思われたはずです。セルフガソリンスタンドで給油許可を出す際に注意することはお客様がガソリンの出るノズルを給油口に入れたか確認をしてから許可を出すこと。

上記以外にも注意していることがあります。子供が給油をしていないか?携行缶に給油をしていないか?などです。携行缶はガソリンを入れる容器なのに入れては駄目なのか不思議に思われたはずです。理由は、「法令に従わない者が不適切(違法)な取扱いをしたため事故が発生して今後それを予防するために規制を行う為」です。お子様の給油は給油口とお子様の顔の位置が同じになることで、ガソリンが逆流した際に顔にかかりケガをすることがありますので禁止されています。セルフガソリンスタンドの監視業務は洗車機のプリペイドカードを購入したいというお客様がお越しになった時はプリペイドカードを販売します。

その為、ポスと言われるコンビニに置いてあるレジのような物で売り上げを上げます。ポスの操作方法はバイト初日の一回教えてもらうだけでは覚えられませんので必ずメモを取るようにすることをおすすめします。洗車機があるということは、拭き上げを行う場所もあります。そこで必要なタオルですが、これを洗濯機に入れて畳む仕事もあります。その他には、トイレ掃除、フィールドの巡回、レシート回収、掃き掃除、床のモップ掛けを行います。

また、深夜のセルフスタンドでのバイトは清算業務も行います。1日の清算を深夜0時頃に行っているスタンドが多いです。この清算業務は2回くらい横でベテランの方に教えてもらえますが、3回目くらいで一人で行えるようにならないといけませんのでメモは必ず取っておきましょう。

レジ受付業務のセルフガソリンスタンド求人

3つ目は、セルフガソリンスタンドの多くは自動販売機のように機械に紙幣やクレジットカードを入れて給油すると自動で釣銭が出てくる仕組みが多いです。中にはセルフスタンド内に
料金お支払いレジがあり、そこで店員に料金をお支払いする仕組みになっていることもあります。

最後に

紹介した3パターンの仕事内容は正社員が9:00~20:00頃までセルフガソリンスタンドにいる場合は必要のない業務もあります。
なお、セルフガソリンスタンドは無人で営業していると思われている方も多いと思いますが、全国のセルフスタンドで24時間体制で必ず一人はスタッフが給油の安全を監視しています。給油の方法がわからない時や給油口のキャップが固くて回らない時はインターフォンを押すと出てきて対応してくれます。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る